Ensuring integrity in gametogenesis

生命のつなぎ目を保証するために

新しい個体を作り出すことは生命の根源的な活動である。これを支える配偶子は個体の中で作られる唯一の次世代の細胞であり、その品質を高く保つことは次世代の健常性や、それ以降につながる種の存続を保証するために必須である。本研究領域は、次世代をつくる能力を保証する配偶子の機能的な完成度「配偶子インテグリティ」がどのように構築されるかを理解して再構築することを目指す。

研究内容

  • A01

    多能性幹細胞による
    配偶子産生システムの
    in vitro 再構築

    詳しく見る
  • A01

    高インテグリティを
    実現するin vitro
    精子形成系の開発

    詳しく見る
  • A01

    高インテグリティを
    実現するin vitro
    卵子産生系の開発

    詳しく見る
  • A01

    種を越えた
    配偶子産生システムの
    in vitro 再構築

    詳しく見る
  • A02

    染色体イメージング
    による卵子
    インテグリティの予見

    詳しく見る
  • A02

    非破壊的可視化
    による配偶子
    インテグリティの予見

    詳しく見る
  • A03

    個体発生における
    生殖細胞集団の
    レパートリー動態の解明

    詳しく見る
  • A03

    生殖細胞発生
    過程における
    選択機構の解明

    詳しく見る
  • A03

    組織学的情報とリンクした
    単一細胞遺伝子発現
    プロファイル動態の解明

    詳しく見る